mieux creation

葉付き新玉ねぎ

2022.02.23AKKOのおすすめ
葉付き新玉ねぎで血液サラサラ&美味しさアップ

初挑戦!玉ねぎ麹

今年も玉ネギの季節がやってきた。
みなまたの無農薬の葉付きサラダ玉ねぎ。

柔らかく甘味のある玉ねぎは、
水に晒さなくても、そのまま美味しくいただける。

まずは、スライスして生で、鰹節とお醤油をかけてパクリ。
血液がサラサラしてくる気がする。血栓予防にもなる。
免疫力もアップするらしい。
コロナ対策にぴったりでは!

他にも、生でサラダに入れたり、スープに、味噌汁に、
厚揚げと煮てみたり、スライスしてオイル漬けにするといろいろ使える。
リーフレタスやキャロットラペと一緒に生のスライス玉ねぎは最高だ!
 🥕キャロットラペの作り方はこちらをクリックしてね 

そして今年は、玉ねぎ麹を作ってみた。
studio vegan吉村純さんのおすすめだ。
実はこの新玉ねぎは、吉村さんの奥様智美さんのお父様が丹精込めて作ったもので、水俣の名物。

玉ねぎ麹は、水の代わりに玉ねぎを入れた塩麹のようなもので、
コンソメの代わりになる。

柔らかな新玉ねぎを擦り下ろすのは、大変だった💦
フードプロセッサーを使えば早いのだけれど、
なぜか麹を扱うときには、”金物”は避けているのだ。

麹と混ぜたら、ふわっふわにできあがった。
スープやドレッシング、和物といろいろ使うのが楽しみだ。

玉ねぎ麹の作り方

材料:
   新玉ねぎ(白いところだけ)500g
   麹 200g
   塩 70g
  
 ①麹と塩を手でよく混ぜる
 ②玉ねぎを擦り下ろす
 ③擦った玉ねぎを①に入れて混ぜる
 ④熱湯消毒した瓶に入れる
 ⑤瓶の蓋は閉めずに載せる程度で、常温で保存し、1日1回木の匙で混ぜる
 ⑥一週間くらいでできあがり。 

 

studio Vegan
熊本県水俣市平町1丁目3-37