mieux creation

2022.02.27AKKOのおすすめ
ほんとうに美味しい《ひなあられ》〜横浜元町の金米堂の手作りひな菓子

毎年、お雛様を出した後に必ず買うものがある。
横浜の石川町駅の近くにある、創業明治25年という老舗和菓子屋《金米堂》さんの手作り《雛あられ》と《ひし餅》

初めて食べたときに、ちゃんと美味しくて驚いたり。お米のポン菓子に着色した美味しくない《雛あられ》の概念を払拭してくれる。

国産もち米100%ののし餅をサイコロ状に手作業で切って、
寒風にさらして干す。
窯で炒って《あられ》にする。
砂糖がけする。
なんと、1月から作業を始めて、1カ月もかかるそうだ。
美味しいはずだわ。
一緒に入っている、お米のポン菓子も黒豆もおいしい。




そして、もう一つ珍しいのは《ひし餅》も売っていること。
雛壇セットについているプラスティックのものしか見たことがなかったので、
初めてみたときには驚いた。
桃色・白・緑の色がついた菱形のほんもののお餅だ。

ひし餅は御代理さまとお雛様に、それぞれ備えるもので、
桃色は桃の花、白は雪、緑は木の芽を表し、

* 下から緑・白・赤の順番で、“雪の下には新芽(蓬)が芽吹き、桃の花が咲いている”
* 下から白・緑・赤の順番で、“雪の中から新芽(蓬)が芽吹き、桃の花が咲いている”

この菱餅も焼いて食べたら、予想外に美味しいお餅で驚いた。
国産のもち米を使って、さすが、和菓子屋さんが作るお餅だ。
色のついたお餅なんて…と思っていたけれど、
今ではちゃんと二つ買ってお供えして、
磯部焼きにするのを楽しみにしている。

そして、金米堂さんでは、和菓子も美味しいけれど
私が一番よく買うのは、お赤飯だ。
お祝い事や季節に関係なくいつでも。

私は小さいとき、ご飯を食べない子で、
母は食べさせるのに骨を折ったそうだ。
夏に水浴びさせながら、お赤飯を少しづつ口に入れると食べたとか。
そのせいか、お赤飯は今でも私の好物だ。

あともう一つ。
金米堂さんの《バターどら焼き》
手作りの皮に包まれた餡子とバターたまらない。
なんとバターまで独自にブレンドしているとか。

JR石川町駅北口のすぐ近く。
本物の老舗である。
遠くに住う貴方も、ネットでお取り寄せができるみたいです。

金米堂

横浜市中区石川町2-60
火曜定休